第4回口頭弁論期日とオンライン学習会のご案内

宗教者が核燃料サイクル事業廃止を求める裁判(宗教者核燃裁判)

第4回口頭弁論期日(7月7日(木)14時)のご案内

 全国の僧侶や牧師、門徒や信徒ら255名が原告となり、被告・日本原燃(株)に対し六ヶ所再処理工場の差し止めを求めている「宗教者が核燃料サイクル事業廃止を求める裁判(宗教者核燃裁判)」の第4回口頭弁論期日が、下記の日程で開かれます。

 今回の裁判で、原告らは、主に、①主張立証責任(再処理工場の安全審査に関する資料をすべて被告が保持していることなどの点を考慮すると、被告において、まず原子力規制委員会の判断に不合理な点のないことを相当の根拠、資料に基づき主張、立証する必要があること)と②再処理工場の備えるべき安全性(「通常人が、万々が一にも事故は起こらないと確信を持ちうる」というレベルの安全性)について主張します。

日時:2022年7月7日(木)13時30分(集合12時30分)〜 東京地裁103号法廷

連絡先:09032134575(宗教者核燃裁判事務局 大河内)

《当日スケジュール》
12:30 東京地裁前集合・受付(スタッフにお声をおかけ下さい)参加の宗教者は、法衣やガウンを着用していただければ幸いです。その後、傍聴券交付、入廷行進となります。
13:30 開廷
 ・代理人弁護士によるプレゼン
 ・原告意見陳述 梅森寛誠(日蓮宗法運寺 住職)
14:30 閉廷予定
14:45 記者会見

《報告集会プログラム》
15:00 オンライン学習会 会場:聖アンデレ教会

■講演:汚染水問題は海洋放出で解決? ‐放射性廃棄物対策の困難‐ 六ヶ所の大量、雑多、長期の放射能排出を考える
■講師・澤井正子さん(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局/元福島原発事故国会事故調協力調査員)

16:00 裁判報告集会:弁護団や共同代表からの報告
16:30 終了

■澤井正子氏プロフィール
東京生まれ。チェルノブイリ原発事故を契機に始まった「反原発出前のお店」の活動に参加。1989年ドイツの高レベル廃棄物最終処分場予定地(ゴアレーベン)を訪れ、放射性廃棄物・プルトニウム問題と向き合う。1992〜2018年原子力資料情報室スタッフ、核燃料サイクル(再処理・放射性廃棄物)問題担当。2012〜2013年、福島原発事故国会事故調で協力調査員。2015年、オンカロ(高レベル処分場・フィンランド)、アッセ、コンラッド(低レベル処分場・ドイツ)を調査。現在、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。