3月9日提訴当日の記者会見

 原発震災から丸9年を控えた3月9日、「宗教者が核燃サイクル事業の廃止を求める裁判」を東京地方裁判所に提訴いたしました。

 当日は、新型コロナウィルス対策のため、予定していた決起集会は延期し、くれぐれも無理のなきよう、来れる方のみご参集下さいという呼びかけにもかかわらず、北は青森、南は四国まで全国から各教派宗派の僧侶、牧師、司祭、信徒、支援者約50人がそれぞれの法衣に幟やプラカードを持って東京地裁前に集合。弁護団の河合弘之弁護士、井戸謙一弁護士から裁判の意義について、原告団共同代表の岩田雅一牧師、中嶌哲演師から提訴に至る思いを述べた後、一同に見送られ地裁に入館。先に手続きをすすめていた弁護団の大河陽子弁護士と共に、これまで全国各地の宗教者の思いを持ち寄り、弁護団との打合せを重ね、163ページにわたる訴状を提出、受理されました。

 提訴後、同じ建物にある司法記者クラブで記者会見を開きました。まず、河合弁護士から、六ケ所核燃施設の認可取り消しを求める行政訴訟や、これまで全国各地で行われている原発訴訟とは違う観点から、日本原燃に対する民事訴訟というこれまでにない宗教者の起こす裁判、そして難しい科学論争ではない生命尊重、憲法遵守をうたうわかりやすい裁判という意義について説明。続いて二人の共同代表から、全国の原発のゴミを青森に押し付けている現実から東京で提訴する理由、倫理的に崩壊しつつあるこの国で司法を問う意義、また将来世代のいのちを守るという宗教者としての裁判を闘う意志を伝え、呼びかけ文を起草した原告団運営スタッフの片岡輝美さんが福島県民としての声を交え訴えました。司法記者クラブの各社の他、週刊誌、宗教紙、ネットメディア、フリーの記者20数名が参加し、六ケ所の先行訴訟との関係、核燃サイクルをターゲットに宗教者が司法に訴える理由などに関する質問がありました。

 一方、当初予定していた決起集会と樋口英明元判事の講演会は延期になりましたが、全国から集まった原告、支援者は参議院議員会館に場所を移し、提訴の報告と意見交換の場を持ちました。中嶌哲演師が出演したNHK「心の地代・隠れ病む人々と歩む」を鑑賞した後、参加者それぞれが思いを語った後、記者会見を終えた河合弁護士、共同代表の報告に耳を傾けました。

 多くの方々のご協力、ご賛同により提訴までこぎつけましたが、これからが本番です。裁判を闘うにあたり、より一層のご助力、積極的なご参加をお願いいたします。新たな原告も引き続き募集しています。(数がまとまりましたら第2次の提訴を行います)

 ご報告と御礼を申し上げます。

Twitterをはじめました

Twitter https://twitter.com/KakunenSaiban もご覧くだされば幸いです。

原子力行政を問い直す宗教者の会に関わる宗教者が、どのような想いを持って核の問題に向き合っているかをお伝えしたいと思い、ツイートしています。主に当会編「総ヒバクの危機-いのちを守りたい-」遊学社、2001年より引用しています
https://mukakumuhei.com/books/